・撮影機材

Essential Items

映像クエリターとしてYouTubeだけでは無く、

企業のプロモーション映像制作、PV、CM、ウェディングなど様々な業務を行っています。

このページではそんな私が仕事で使っている撮影機材を一部紹介致します。

映像で表現出来る世界に魅了され、独学で撮影の方法や編集技術、それら凡ゆるテクニックを学び、アングル、ライティング様々な手法を駆使して思い通りの絵を創り出します。そしてカメラ本体の設定で表現の幅は1~1000と格段に増えて行きます。

​掘り下げればどこまでも行けてしまうカメラの奥深さ。 

 

面白いです。
 

室内、室外撮影で使われる必須撮影機材をこのページにて紹介しております。

様々な場面で実際私自身が使っています機材の中でCANON G7X は撮影を始める一番最初に買ったデジタルカメラでコンパクトなボディから映し出される綺麗な映像はDSLRに比べればその質には劣るものの非常に綺麗な動画や写真撮影が可能。様々なカメラを使ってきた中で現在ではメインカメラになっているSONY A7III

まさに万能カメラ凡ゆるシーンに対応できる。

​撮影にはカメラだけでは無く、カメラ本体の性能を活かすのも殺すのもレンズ。そして表現したい世界を実現させてくれる照明、マイク、ジンバル、ドローンなど様々なアイテムを駆使する事により、まさに映画の様な映像まで撮る事が出来る様になります。

51B-D73oibL._SL160_.jpg
今現在もメインカメラのSONY α7 III。数あるカメラの中でも最も多彩性が高く国内外でも数々の賞を獲得。価格もクォリティーも一番カメラ。僕も好きなクリエーターが皆持つ一品です。
810yJIN08CL._AC_SL1500_.jpg
こちらもメインレンズとして愛用し続けているSONY FE 24mm F1.4 GM。ボケ味、明暗、感度、一つで出せる表現力の豊かさ、F1.4からなる明るさ、コンパクトなボディーも大きな特徴。どれをとっても最高峰です。少し値段が高い所がネックだが、その価値は値段以上。間違いないレンズの一つ。
71jkZWB0aqL._AC_SL1500_.jpg
こちらも多才性ある必須レンズのSONY ズームレンズ FE 16-35mm。ソニー純正ではこれが最も広角で映りも最高。
​特にブログでは欠かせない一つ。
景色も大きく広い絵を捉え、価格もよし!何か一つしか旅に持っていけないとなるとコイツを選ぶだろう。
ボケみのある写真にもしっかり使える
コンパクトレンズ。こちらも旅に欠かせない一つ。SONY 55mm F1.8は特にポートレートには強くこの一つがあればある程度の表現はこなせてしまう一品。55mm F1.8からなる世界観はもちろん映像を撮るのも最高です。雰囲気のある場面やロマンチックな映像が撮りたくなるレンズ。
ライトウエイトも魅力の一つ!
71P837bpkoL._AC_SL1500_.jpg
そしてカメラを持てば予備バッテリーは必要不可欠 。SONY NP-FZ100はA7IIIの様なソニーのカメラで共通して使える純正バッテリー。他社製との相性が悪いと不具合を起こす事も考えられる点から純正バッテリーに一票。
91pTLq8GytL._AC_SL1500_.jpg
ここできましたCanon PowerShot G7 X MarkII。撮影業を始めた最初のカメラ!サイズ、価格、機能性
​撮影初心者なら入りやすいカメラ。バリアングルもあり自撮り可能。こちらも旅には持って行きたいカメラの一つ!
61H9PtpaD9L._AC_SL1150_.jpg
フルサイズのカメラは値段が高い、重たい、デカイなど表現の幅や美しさでは抜群だが、初心者向けではない点からSONY α6600 はオススメ。G7 Markiiのレベルアップバージョンといった感じ。6500(旧型)から6600になった事でバリアングルにも対応、自撮り撮影もラクラク♪
61wGoCiIc7L._AC_SL1200_.jpg
このSONY10-18mm F4レンズはa6600の様なAPS-C専用のレンズです。APSC特有の軽さ、コンパクトさはフルサイズのDSLRでは出せない大きな魅力!
最大10mm広げられるので自撮りは勿論、この広角を利用して様々なショットが撮れます。 GoProのごとく超高画角ワイド撮影が可能に!
61NcoFZW-CL._AC_SL1500_.jpg
カメラの相棒トライポッド。
カメラの位置やお好みのアングルで固定が出来、それにより様々な撮影が実現可能!撮影の幅が格段に広がります。Anevaの三脚は最大174cmまで伸びるので目線もしくは目線以上のショットを撮る事が出来る。。
​特にDSLRの様な重量のあるカメラを安定させれるスタンドは非常に大切になります。
613yHVzdR1L._AC_SL1500_.jpg
室内、室外でも。
綺麗な映像、写真を撮るのに照明なしでは実現する事が非常に難しくなります。Godox SL-60Wとパワフルこれ一つあるだけで部屋全体を明るくするパワーまであります。Godoxのライトは、質、価格帯においても非常に優秀。肌感を滑らかに映し出し、背景との明暗もハッキリ表現出来る事でサブジェクトの動きをしっかりとらえます。
インタビューなどのシチュエーションにも大変役立つ無くてはならないアイテム。
612ovSvJhkL._AC_SL1000_.jpg
先ほど撮影ライトで紹介しました、Godox SL-60W。そこで必要不可決なソフトボックス。
これは光を和らげる為の撮影ライトには無くてはならないアイテム。いわゆるハッシュ(強すぎる)ライトでカメラで撮影すれば真っ白に飛んでしまったり、ソフトボックス無しに撮影は容易ではありません。GODOX SOFT BOX 120cm 折り畳みも楽に出来、同じブランドであるため相性もビジュアルもバッチリ!
51Qe51neg2L._AC_SL1000_.jpg
揃えるものが多い!!笑
ライト良し、ソフトボックス良し、そして最後は照明スタンドです。  最大50~200cmまで伸ばせるスタンドであらゆる高さで調整が可能に。折り畳みも楽にでき、遠方でも持ち運びが簡単なK&F Conceptライトスタンド。
41sKWPhLSxL._SL160_.jpg
ドローンと言えば超大手のDJI。
そのDJIのドローンを使い始めて早5年が経ち、そのDRONEのテクノロジーも大きく進化し今ではどれだけの素人でも簡単にプロの様な映像が撮れてしまう。中でもMavic 2 Proは 2000万画素/1インチCMOSセンサーのハッセルブラッド製カメラを搭載しており小形ドローン市場では一眼カメラとそう変わりないダントツのカメラクォリティーを誇ります。
61fIKeXJadL._AC_SL1500_.jpg
よりプロの様な映像制作へ。
まるで映画を見ているかの様なぬるぬるした滑らかなショットはジンバルが不可欠です。ハンドショットでは実現出来ない表現が可能になり、特に動く物を追い掛けるアクティブショットにはこのジンバル!ジンバル業界でも近年急成長しているZHIYUN。僕もCM、プロモーション撮影には欠かさず持って行くアイテムです。そして何より高機能でヘビーなDSLRまで使用可能。ここまでコンパクトで多機能なジンバルはこの  Weebill S の他にはないです。
忘れちゃいけないのが音を拾うマイク。 映像だけに意識がいき過ぎて音質の大切さを忘れがち。
音は映像と同じくらい、ひょっとすればそれ以上大切なシーンも。このRODE VideoMic GOは低価格かつ音質、ルックスも良いのでどんなカメラにも適合すると思います。
RODEのマイクはマイク市場でも超大堂、安心して使う事が出来ます。
61ZM7qJ4S8L._AC_SL1200_.jpg
カメラ用モニターFEELWORLD Master MA6Fの2万以下の価格で4Kまで対応。モニターが必要になる場面はいくつかあります。カメラがバリアングルに対応していない場合、どう映っているかモニターを通して確認が出来、特に大きなモニターで細かの所までどの様に映っているかも確認が取れ、さらに野外の日差しの強い場所ではカメラのモニターが見えない時に大いに役に立ちます。

POWERED BY ARVALE GROUP 2020

©